悩むくらいなら絶対に治療薬を使うほか選択肢は無い

性機能障害は男性にとって深刻な問題

性機能障害の一種が勃起不全、つまりEDのことになる。

性機能障害とEDはイコールではないのだ。

過去にはインポテンツとかインポテンスとか呼ばれていたこともあった。

しかし適用している範囲が違うので現在は性機能障害とEDは明確に使い分けされている。

EDは性的な機能の本来の能力を喪失するという意味合いで使用されているのだ。

例えば次のような例だ。

・SEX中に途中で中折れして勃起が継続しない。

・SEXできるようなシチュエーションで勃起しない。

・勃起していてもSEXに耐える硬さではない。

・勃起を維持できず女性を満足させることができない。

日本国内の患者数は約1100万人と推定されている。

成人男性の25%はなんらかの悩みを持っているのであるが、驚くべき数字だ。

これまでは特殊な病気と捉えられてきたが、もはや4人に1人が悩みを抱えている普通の病気なのだ。

EDの悩みがあると、トラウマになって心の負担が酷くなる。

しかし早期に治療を始めることによって症状は改善する。

専門の医療機関を受診して専門医に相談して適切なED治療薬を服用することが大切だ。

人気度よりも自分に合った治療薬を探すことが先決である

男性で「バイアグラ」や「レビトラ」のED治療薬の試した経験者は実感しているだろうが、SEXを楽しむには抜群の医薬品である。

一番のメリットは「楽」であることだ。

ペニスの硬さが増すことであなたはパワーアップできるし、ギンギンに勃起すると性感が緩和されて早漏防止効果が期待できる。

「バイアグラ」も「レビトラ」も共通点は食後に服用すると効果が落ちることだが、「レビトラ」の方が食事の影響は少ない傾向になる。

どちらも空腹時に服用すれば抜群の効果を発揮してくれるので覚えておこう。

いずれもペニスの血管を広げて血液の流れをスムーズにする医薬品だ。

「顔が火照る」という副作用は若干あるが「レビトラ」の方が副作用は少ない人が多い――逆に言えば「バイアグラ」の方が硬く大きくなるということだ。

「レビトラ」はバイアグラに比較すると即効性があり、効果が長続きするという評価があるが、使用する男性の年齢や生活リズムや体質によって個人差がある。

ED治療薬ビギナーの男性は、知名度の高さから「バイアグラ」を選択する人が多いが、両方試した男性の2回目以降は「バイアグラ」と「レビトラ」の半々になるようだ。

「レビトラ派の男性」は他のED治療薬に浮気をしないのが特徴で、これは使い心地の良さを証明するデータだと思う。

利用者が硬さを求めるならば「バイアグラ」で、使い心地を優先するならば「レビトラ」と意見がわかれるようだ。

保険が適用されてもあまり安くは変えないのが事実

バイアグラ一粒の価格はおよそ1,500円ということですから、それほど安い薬とは言えないというのが多くの人の共通認識になるでしょう。

しかも、このバイアグラという薬は、法律上は医師の処方の下に服用しなければならないことになっているにもかかわらず、健康保険の適用がなされないということで、こうした非常に高額な費用を必要としてしまうことになるわけです。

バイアグラの適量は「1日1錠」ということですから、たとえば平均して日給1万円で生計を立てていると考えると、バイアグラを服用することによって日給が8500円に下がってしまうことになるわけです。

そう考えると、バイアグラの利用も正直考えてしまいます。

ただ、単にバイアグラの使用をあきらめるとか、あるいは生計を切り詰めてバイアグラを利用するなどということであれば、どちらにしても「自分もしくはパートナーがガマンすればよい」ということですから、それ以上の弊害は考えられません。

しかし、近年悪名高い「偽バイアグラ」などに手を出してしまうという弊害は決して小さくありません。

やはり、病院で出されるバイアグラは高いです。

それゆえ、ネット上で流通している安いバイアグラを利用したくなるというその心理はよく理解できますが、しかし、通販のバイアグラの場合、偽物である可能性も高くなってしまいますので、もしそうしたバイアグラを握らされてしまうとすると、これは大きなマイナスが生じてしまうことになるのです。

そう考えると、バイアグラが保険適用外薬品であるということの弊害は、思わぬところで、しかも思わぬ大きさで現れてしまうという気がします。

治療薬があまり浸透していないのは日本だけなんです

バイアグラと聞くと、抵抗を持つ人も多いかもしれません。

実際に使用している人でも、誰にも言わずにこっそりと使用している人が大半だと思います。
もちろん、昔に比べれば日本でもかなり普及してきましたし、ネットでも簡単に購入できることから、手に入れる敷居も低くなっています。

しかし、それでも海外に比べると、マイナスイメージを持たれがちです。
海外では、バイアグラは当たり前のように使用されており、堂々とそのことを話す人も多いです。

そもそも、勃起不全でなくても使用する人も多いですから、全く抵抗感なんて持っていないのです。
また、たとえEDではなかったとしても、元々あまり大きくない人や、年を重ねることで元気がなくなってきた人も、バイアグラの力に頼る人もいるのです。

バイアグラを使用することによって、そのような悩みを抱えている人でも、その悩みが解消されて楽しくセックスができるというわけです。

恐らく、日本でもバイアグラジェネリック 通販はさらに普及していくと思うので、いつの日か堂々と使用出来できる時代もくるでしょう。